Myスタイル起業 東海3県女性起業家等支援ネットワーク (愛知・三重・岐阜の女性起業家を支援)経済産業省 女性起業家等支援ネットワーク

Myスタイル起業ストーリー

先輩起業家:香田佳江

香田佳江(こうだ よしえ)

会社名・事業名・屋号名

ミラクルマジック

プロフィール

30年以上、看護職に従事。「整理収納アドバイザー2級認定講座」で整理の魅力にとりつかれ、それを自身の事業とすることを決意。その後、心身の過労からうつ病になり、人間には心の整理も必要だと痛感。心理学を学び、モノと心、両面からの整理を事業とする。

事業内容

「モノも心も整理しよう!」を合言葉に、心理面からのアプローチも含む、個人宅や企業の整理収納をお手伝いしています。また、整理収納アドバイザーの養成講座も実施。最近は企業様からの講演の依頼が増えています。

起業ストーリー

<起業きっかけストーリー>
偶然読んだある本の「お金が十分あって稼ぐ必要がなくてもやりたいことは?」という問いに、ずっとやって来た看護職だと答えられない自分がいました。人生の中で仕事をする時間は膨大。大好きなことを仕事にしたいと本気で探し始めた時、看護師の仕事の中でも「業務整理」が好きなことに気づきました。「私って、整理整頓が一番好きかも」と思い、整理収納アドバイザーの資格を取得。それが起業へとつながりました。

<これまでに一番苦労したことは何ですか>
きちんと収益の上がる仕組みを作ることですね。それまで経営などしたことのない素人が、「整理整頓って素晴らしい!きっと世の中の役に立つ!」という思いだけで起業。看護師の仕事を続けながら、お休みの日に個人に向けたセミナーなどからスタートしたのですが、その頃の自分に「精一杯働いても、売上はこれだけにしかならないよ」と言ってあげたいです。集客も難しいうえに、儲かる仕組み作りもできず、行き詰まりを感じていました。

<それをどう克服しましたか>
ひとつひとつ、商工会議所さんに相談に行きました。また、3年ほどやってみて、整理収納をメイン事業として続けていく難しさにも気づきました。整理収納って、けっこう力仕事なんですよ。それで「整理収納の大切さを伝える」=講師業を中心にして、長く続けていこうと考えました。こうした事業内容や単価の見直しを、商工会議所さんのアドバイスもいただきながら行い、自分でも講師派遣サイトに登録するなどして、ご縁を広げていきました。



<支援機関としてどんな支援をしてきましたか>
香田さんとは、9年前に当所で行った創業塾からのご縁です。香田さんの事業は、商品が目に見えないものです。事業の魅力を伝えるには、いかに香田さん自身の魅力を知ってもらうかが大切だと考え、商工会議所主催の講座や、地元企業さんが集まる会などで、お話をしてもらう機会を積極的に作りました。また、経営計画の作成や、補助金の獲得なども、ご支援させていただきました。(支援機関:岐阜商工会議所 市川元英)

起業のこれからストーリー

ミラクルマジックのスローガンは「整理を日本の文化に」です。大きいでしょう?でも、本気で思っていますよ。整理整頓って、目の前をきれいにするだけのことじゃないんです。自分にとって本当に大切なものを見抜く力を育てることにもなるし、そこがうまくできたら時間も生まれて、もっと自分らしい毎日が送れるはず。「幸せになる資質を育てる仕事なんだ」という思いをもって、日本中に広げていきたいですね。

●起業の後輩たちに贈る言葉
「こつこつやれば、何とかなる!」
一気にうまくいこうなんて思わないで、ひとつひとつを大切に頑張ってください。

基本情報

<ミラクルマジック>
連絡先住所:岐阜市茜部大川1-29-1
電話番号:058-337-1096
メールアドレス:3034649@gmail.com
HPアドレス: http://miraclemagic.jp
創業:2009年3月13日

<取材を通して感じたこと>
「お片付け」業の起業も増えてきている中で、その先駆者として活躍されている香田さん。「整理をする」という事業がお客様にもたらす心理的な変化に注目され、その魅力をご自身でしっかりと語れる姿が素晴らしいなと思いました。「本当に幸せな仕事をさせていただいている」という香田さんの言葉。それを心から言える起業女性が増えていくといいなと感じました。(言葉工房トム 田代涼子)

取材日:2017年12月7日

URL:http://miraclemagic.jp

ページ先頭へ戻る