Myスタイル起業 東海3県女性起業家等支援ネットワーク (愛知・三重・岐阜の女性起業家を支援)経済産業省 女性起業家等支援ネットワーク

お知らせ・新着情報

女性の起業を支援する機関が集結!連絡会議と研修を行ないました。

女性の起業を支援する機関が集結
連絡会議と研修を行ないました。

6月25日(月)、ウインクあいちで、Myスタイル起業/東海3県女性起業家等支援ネットワーク事業として「平成30年度第1回地域連絡会議・第1回地域メンター研修」を実施しました。

学び舎mom株式会社が東海3県の事務局を務めるMyスタイル起業事業。今年度の事業を進めていくにあたり、お互いに連携しあう80の構成機関のうち半数以上が参加し、有意義な時間となりました。

初めに、経済産業省中部経済産業局の加藤久喜さんが「事業も3年目を迎え、創業支援の充実の成果か開業率が上昇してきたが、欧米諸国と比べればまだまだ。無関心層の掘り起こしに注力していきたい」と挨拶。

全国で行われているこのネットワーク事業のプロジェクト長である、株式会社パソナの諸戸智霞さんは、同事業が「女性活躍推進」の予算枠で実施されていることを強調。「起業を広義にとらえる、ライフイベントとの両立に目を向けるなどが大切」と話しました。

学び舎mom代表の矢上からは、今年度のMyスタイル起業事業について、重点項目を説明。昨年度の取組みを振り返りながら、今年は起業無関心層へのアプローチにより力を入れていくことをお伝えしました。

その後の研修では、株式会社eightの前田恭子さん(愛知県)、岐阜県女性の活躍支援センター・男女共同参画プラザの藤井しのぶさん(岐阜県)、株式会社Eプレゼンスの川北睦子さんと四日市市商工農水部の清水秀樹さん(三重県)に登壇いただき、それぞれの言葉で事業を紹介いただきました。
「女性は、やりたいことが口にできれば、行動に移していける」「男女共同参画の視点から、女性たちの自己変容を促す内容で実施」など気になるキーワードも多く、その後4~6人のグループで行ったワークショップでは、紹介事例を参考に、自分たちは何をすべきか、何が必要かなど、積極的に意見が交わされていました。

Myスタイル起業では、こうしたみなさんの事例を共有する場を設けたり、女性の起業段階に合った支援ができるよう道筋を作ったりと、今年度も頑張っていきます。構成機関のみなさんは、ぜひとも熱いご協力をお願いいたします。

女性のみなさんは、ぜひ、どんどん今ある支援を活用して、自分らしい起業=Myスタイル起業にチャレンジしてみてくださいね。

記事制作/言葉工房トム 田代涼子

写真撮影/となりのデザイン 梶景子

お知らせ・新着情報一覧へ

ページ先頭へ戻る